雑学のブログ

雑学で話題提供。朝礼やデートのお供に。いつか役に立つブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「同時多発テロ」
今日の雑学:同時多発テロ

2001年9月11日、4機の大型旅客機がハイジャックされ、世界貿易センタービルやペンタゴンなどの地上施設に激突したことにより、犠牲者約3000人以上となる史上最大のテロ事件となる。
ところが、この犠牲者数は当初の予想よりも少なく、事故直後のジュリアーニ市長へのインタビューでも、死者は1万人を超えるであろうという話であった(WTCビルには約5万人が就業していたとの事)。
実は、このテロに関して、ユダヤ人は何らかの警告を受けていたとされており、この9月11日にWTCビルでは7000名のユダヤ人が休暇を取っていたとの事である。
ちなみに、この事件の首謀者とされる「オサマ・ビンラディン」の本名は「ウサーマ・ビン=ムハンマド・ビン=アワド・ビン=ラーディン」というそうな。

ランキング順位

今から4年前にこの衝撃的な事件が起こりました。
僕は出勤前のニュースでビルに突入する映像を見た記憶があります。
映画と見紛うようなその映像は、間違いなく人の手によって起こされたものであり、何の罪もない人々の命が失われるということに激しく憤りを感じました。
許せない相手がいるのであれば、その相手に対してだけ牙を向けて欲しいですね。


雑学のブログTOPへ
時事 | 23:45 | comments(5) | trackbacks(1) |
「地震」
今日の雑学:地震

平成7年1月17日に発生した阪神淡路大地震は、24万棟の家屋が全半壊し、死者6400人を超える大災害であった。
マグニチュードが7を超えると、「大地震」と言われるが、この地震はマグニチュード7.3であったとの事である。
一方、大正12年9月1日に発生した関東大地震は、マグニチュードは7.9だが、死者・行方不明者は13万人を超える、史上最悪の災害となっている。
実は、関東大地震で放出されたエネルギーは、阪神淡路大地震の約10倍との事であり、地震の規模を数値にするとあまり差を感じないが、マグニチュードが「1」違うと、エネルギーは約30倍違うとされる。
ちなみに、世界中で起こる地震のうち、約15%は日本及びその周辺で発生しているそうな。

ランキング順位

この時期になると、震災被害について様々なメディアで目にすることが多いですね。
なかでも、この日記は衝撃を受けました。

続きを読む >>
時事 | 23:47 | comments(18) | trackbacks(5) |
「エスカレーター」
今日の雑学:エスカレーター

エスカレーターに乗っていると、踏み板より手すりの方が早く進むように感じる事がある。
踏み板と手すりは連動しているのでズレは生じないはずであるが、人がエスカレーターに乗ると、加重がかかることによって踏み板のスピードが遅くなるため、手すりとの速度差が生じてズレるというのが理由である。
このエスカレーター、首都圏では左側に寄って右側を空けるが、関西では右側に寄って左側を空けるとされる。
もともと、日本は右側通行ということもあって、急いでいる人のために右側を空けるというマナーが定着したが、国際標準は左側を空けるのがマナーであったため、大阪万博をきっかけとして関西は左側を空けるのが定着したとのことである。
ちなみに、関東は武士の文化であることから、刀の鞘がぶつからないように左側に寄り、関西は商人文化であることから、財布を持った右側に寄るという習性から、という説もあるそうな。

ランキング順位

昨日、1才10ヶ月の女児がエスカレーターから落ちて大怪我をするという事件がありました。
1年とちょっと前にも、男児がエスカレーターから落ちて亡くなるという事故があった記憶があります。
メーカーや店舗が、誰も怪我をすることがないように対策を講じるというのは、当然、必要なことだと思います。
だけど、一番大切なのは「子供は思いもよらない事をする」ため、保護者が一瞬たりとも目を離さない、という事だと思います。
そして、子供を日常の危険から守るために、常に誰かが見ていてあげるというのは、保護者だけでなく、大人の義務ではないでしょうか。

雑学のブログTOPへ
時事 | 23:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
「戦争」
今日の雑学:戦争

1945年8月15日正午、いわゆる玉音放送がラジオより流れる。
これは、ポツダム宣言の受諾と降伏の決定を伝えたものであり、国民はこの放送により同日を敗戦の日として受け入れることとなる。
敗戦国日本は、極東国際軍事裁判で裁かれ、「平和に対する罪」に対して有罪判決を受けた25名がA級戦犯者と呼ばれている。
この「A級戦犯」や「BC級戦犯」というのは、罪の重さによるものと誤解をうけがちであるが、そうではなく、戦争犯罪の種類の違いであるとされる。
もともとは、ナチスドイツを裁くために作られた、国際軍事裁判条例第6条A項の「平和に対する罪」、B項の「通例の戦争犯罪」、C項の「人道に対する罪」という分類から、侵略戦争を起こして平和に対する罪を問われた国家指導者たちを「A級戦犯」、B項、C項に当てはまる罪に問われた者を「BC級戦犯」と呼ぶようになったとの事である。
ちなみに、実際にポツダム宣言の受諾すると通告したのは8月14日、軍への正式な停戦命令が下されたのは8月16日である。
そして、ポツダム宣言の受諾書に調印したのは9月2日であり、実際には、この日が正式に日本が連合国軍に降伏した日であるが、1982年の閣議により、8月15日が終戦記念日に決定したそうな。

ランキング順位


韓国や中国の人が、靖国神社参拝を非難していますが、もともとは小泉首相が遺族に配慮して行ったのではなかったでしたっけ。
そして非難の対象となっているA級戦犯者の中には、戦争に対する責任ではなくて、政治的な圧力で指定された人もいるらしいですね。
個人的には、内政干渉だし、参拝くらいって思うのですが・・・


雑学のブログTOPへ
時事 | 23:27 | comments(10) | trackbacks(6) |
「飛行機」
今日の雑学:飛行機

日航機123便墜落事故から20年。
この墜落事故の生存者は4人であるが、墜落直後はまだ多くの人が生存していたとされる。
事故当時、さまざまな理由によって墜落地点を正確に把握することが困難であったとされており、実際に救助活動が行われたのは日付が変わってからである。
ところが、実は事故発生約2時間後には、米軍の救難ヘリコプターが事故現場に到着しており、救助体制が整っていたにもかかわらず、日本はこれを断っている。
この救援を断った事も含めて、救助活動が遅れた理由というのは、123便には、ラジオアイソトープ劣化ウランなどの放射性物質を積んでいたからであるそうな。

ランキング順位

様々なメディアで123便の事故が取り上げられていますね。
トラブルが起きた同機の状況より、様々なパイロットがあそこまで持ちこたえたクルーの操縦技術は賞賛に値するという話をしていると聞き、なんだか少しだけ嬉しく思ったのは不謹慎でしょうか。
この飛行機に乗るはずであったが、急に変更して乗らなかった、明石やさんまさん、逸見正孝さんはやっぱり強運だったのでしょうね。


雑学のブログTOPへ
時事 | 23:53 | comments(18) | trackbacks(6) |
「スペースシャトル 2」
今日の雑学:スペースシャトル 2

ディスカバリー号が無事に帰還。
断熱材の剥離などがあり、2年半前のコロンビア号を思い出した人も多かったものと想像される。
スペースシャトルは、過去に事故で喪失してしまったものを含めると5機あり、初飛行順に並べると、コロンビア(2003年事故)、チャレンジャー(1986年事故)、ディスカバリー、アトランティス、エンデバーとなる。
ちなみにこのスペースシャトル、地球に着陸してからケネディ宇宙センターまでをどのようにして移動するかというと、ジャンボジェットの名で知られる大型旅客機「ボーイング747」の背中に乗せて運んでいるそうである。
ちなみに、スペースシャトルが背中に乗っている時の燃費は、通常飛行の約5倍になってしまうそうな。

ランキング順位

断熱タイルが剥離して不安にさせられましたが、無事に帰還されてなによりですね。
この断熱タイルは瀬戸物(セラミックス)なんですよね。すごく頑丈なやつですが。
しかし有人飛行ってリスクが大きすぎますよね・・・


ブログTOPへ
時事 | 23:57 | comments(16) | trackbacks(15) |
「郵便」
今日の雑学:郵便

郵政が郵便の木に指定していることも含めて、多羅葉(タラヨウ)の葉の裏に字を書いて便りにしたのが「葉書」の語源という話が多く出ているようである。
しかし、本当は紙片に書いた覚書である「端書」(はしがき)から、「葉書」となったという説が正しいとされる。
「切手」の由来については、古くからお金を払って得た権利の証紙を「切符手形」(きりふてがた)と呼んでおり、それを略して「切手」になったとの事である。
ちなみに、郵便のシンボルマーク「〒」は、当初、郵政省の前身である「逓信省」の頭文字「T」を使用した。
ところが、万国共通の郵便料金不足を表す記号が「T」である事が判明すると、実は誤字であり、本当はカタカナの頭文字である「テ」を図案化した「〒」が正しい、としたそうな。

ランキング順位

郵政民営化法案が否決となり、予想通り解散へ。
賛成派も反対派もそれぞれ意見はあると思うけど、結局は政局の問題であり、お互い話にならんと言っているところなどは子供を見ているようです。

ところで、イギリスの郵便局では、正式な職員として猫を雇っていたことがあるそうですね。
ネズミ退治が仕事で、上手な猫は1週間に2ポンド近くのお給料が支払われたとか。
日本でも取り入れてみたらいかがかと・・・


雑学 のブログTOPへ
時事 | 23:45 | comments(14) | trackbacks(10) |
「潜水艦」
今日の雑学:潜水艦

4日夜、ロシアの潜水艇が漁網や水中アンテナなどが絡んで浮上不能となったため、日本・イギリス・アメリカにロシア政府から救助の要請が出された。
要請が出されてから3日後、イギリスの無人潜水艇の活動によって無事に浮上し、乗組員7人が無事に救出されたとの事。
この日は、酸素が欠乏する日ではないかと考えられており、時間との戦いと言われていた中での救出であった。
今回の事故で原子力潜水艦クルスク沈没事故が思い出される。
5年前に北極圏のバレンツ海で事故が起き、クルスクは100メートルの海底へ118名の乗員とともに沈没してしまった。
クルスクが沈没したのは8月12日であったが、当時、海軍が発表した14日であった。
ロシアは、他国からの支援要請を、軍事機密の漏洩を懸念して断り、様々な思惑を持つ中で救助を試みるが、自国の設備では対応できず全て失敗に終わる。
最終的には、21日に全員死亡の様子を確認することとなった。
この事故で、ロシアが行ったイギリス、ノルウェーへの正式支援要請は、事故発生5日後のことだったそうな。

ランキング順位

今回の救助要請はいつになく早かったようで、過去の経験が生かされたのかなと思います。
が、それでも国内には、今回の救助依頼に対して、機密漏洩の恐れありという批判が出ているらしいと聞いて唖然。
いつの時代も・・・



雑学のブログTOPへ
時事 | 23:41 | comments(14) | trackbacks(8) |
「原爆」
今日の雑学:原爆

8月6日広島にウラニウム原爆が、8月9日長崎にプルトニウム原爆が投下され、人類は原子力爆弾の威力を知る事となった。
強い放射線を人体に浴びると、神経に異常を来し、様々な障害をもたらすこととなるのは既知の通りである。
放射線はレントゲン、放射能はベクレルによって発見されたが、実はそれと同時に彼らは人類初の被曝者となった。
放射線と放射能の違いを簡単に説明すると、放射線は物質を通過する能力を持った電磁波及び高速の粒子、放射能は放射線を出す能力とされる。
芳香剤で例えるならば、香りが放射線、芳香剤が放射能といったところである。
放射線の一種である「X線」は、「正体不明のエネルギー」ということから「X」と名づけられたとされており、五感で感知できないことから、発見当時は身体に悪影響はない、と思われていた。
しかし、数ヵ月後にレントゲン研究者の手に障害が発生して指の一部を切断したことに始まり、様々な障害が報告されている。また、ベクレル自身も胸に皮膚障害が発生しているが、これはラジウムの研究が理由でと見られている。
その後も、放射線の研究に携わった者の中から、数多くの障害が訴えられていたが、被曝による影響という認識はなかなか生まれなかったようである。
ラジウムが放射線を持つことはキュリー夫妻が発見したが、キュリー夫人は典型的な放射線障害である無形成貧血で亡くなっている。
ちなみに、原爆を開発していた際も放射線の影響は軽く見られており、「死の灰」は、ほうきで掃けば影響はなくなると考えられていたそうな。

ランキング順位

長い歴史の中で、人類は自身を何度も滅ぼせる兵器を手に入れたとされました。が、レントゲン氏やキュリー夫人は兵器として利用されるとは思ってもみなかったのではないですかね。
原爆とは、物質を「急激に」エネルギーに変えることによってもたらされる仕組みだそうですが、「緩やかに」変えるのが原子力発電だそうです。
結果は同じだとしても、過程や目的でこれだけの違いが生じるのですね・・・。

雑学のブログ TOPへ
時事 | 23:27 | comments(39) | trackbacks(12) |
「自殺」
今日の雑学:自殺

「自殺大国」と言われる日本。現在、年間3万人以上が自殺している。
しかし、世界の自殺率を見ると日本はワースト10に入るくらいであり、旧ソ連諸国と東欧諸国で1位から9位までを占めているとの事。
ワースト1位はリトアニアで、10万人中50人が自殺しており、日本の約2倍らしい。これらの国は、寒冷地であるため度数の高いアルコールを摂る習慣があり、アルコール中毒からうつ病になって自殺する確率が高いというのが理由の1つとされている。
ちなみにロシアには病院に自殺科があるが、自殺者が多く収容施設が足りない状態だそうな。

ランキング順位

議員さんの自殺。
色々と言われているけど、自殺の理由は本人しかわからない。
だけど絶対に死ななければならない理由とは思えないですね。
果たして、「死ぬほどつらい苦しみ」というのは、死ななければ抜け出せないのでしょうか。




雑学 のブログTOPへ
時事 | 23:54 | comments(35) | trackbacks(15) |



ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CHECK IT

CATEGORIES
CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
Search this site.
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





人気ブログ検索 - ブログフリーク