雑学のブログ

雑学で話題提供。朝礼やデートのお供に。いつか役に立つブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「九九」
今日の雑学:九九

小学校で誰もが通過する、暗記の代名詞でもある九九
この九九は、奈良時代に中国から伝わったとされているが、現在の九九とは、少し異なっていたようである。
九九とは、通常、一の段から「いんいちがいち、いんにがに」といった感じで暗記するものであるが、日本に伝わった当初は「くくはちじゅういち、くはななじゅうに」といったように、九の段から覚えていたとされる。
これは、平城京や平安京などの都、また、中国で見つかった木簡などにも、九の段から始まる九九が記されていたことなどからも明らかとされている。
その後、室町時代に一の段から数える暗記方が伝わり、江戸時代になってようやくそれが定着したようである。
ちなみに、現代社会で数学が最も進んでいるのはインドとされており、インドの小学生が覚える九九は99×99まであるそうな。

ランキング順位






雑学のブログTOPへ
知識 | 02:11 | comments(8) | trackbacks(4) |
「温泉」
今日の雑学:温泉

日本は、世界でも有数の温泉大国であり、3000ヶ所を超える温泉地があるといわれているが、これは、日本には火山帯が多く、マグマに地下水が熱せられたものが温泉となるからである。
「温泉」と聞くと、特定の成分が入っているように感じるが、必ずしも基準はそれだけではない。
実は「温泉」とは、「温泉法で指定されている成分が一定の濃度を超える」若しくは「泉源の水温が25度以上」と定義されているため、特に何の成分が含まれているわけでもない、地熱で温められただけのお湯が「温泉」と言われることもあるとされる。
ちなみに、ヨーロッパでは温泉の水温が低いため、温まるよりもプールとして利用されていたり、医者の指示のもと、症状に合わせて飲泉する事の方が多いそうな。

ランキング順位

「湯治」とも言うくらいなので、医療としての効果は周知の通りですよね。




雑学のブログTOPへ
知識 | 23:04 | comments(7) | trackbacks(2) |
「数の単位」
今日の雑学:数の単位

日本の国家予算は約80兆円と言われるが、「兆」は「億」の次の単位となる。
実は、日常ではまず使用しないが、兆より上には、まだ14の単位がある。

兆→京(けい)→垓(がい)→杼(じょ)→穣(じょう)→溝(こう)
→澗(かん)→正(せい)→載(さい)→極(ごく)→恒河沙(こうがしゃ)→阿僧祗(あそうぎ)→那由他(なゆた)→不可思議(ふかしぎ)→無量大数(むりょうたいすう)

ちなみに、無量大数は10の68乗であるそうな。

ランキング順位

子供の頃に「公文」という塾(!?)に通ってて、その教材の後ろにこの単位が書かれいたので覚えてしまいました。
どういう時にこんな単位が出てくるのでしょうか。。

雑学のブログ TOPへ
知識 | 23:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
「床屋」
今日の雑学:床屋

床屋の象徴である,赤・青・白色のシンボルマークを「サインポール」という。
この由来には諸説あるようだが、その一説に以下のようなものがある。
中世のヨーロッパでは、床屋で簡単な外科的行為も行っており、「瀉血(しゃけつ)」と言う、身体の悪い部分の血を抜き取る処置なども行っていた。
この際に、患者はポールを持っており、腕を伝わって血がポールに流れてしまうため、血が目立たないようにポールの色を赤くした(後にこれがサインポールと呼ばれる)。
当時、包帯は貴重であったため、洗ってサインポールに干していたところ、風でポールに巻きつくことがあり、その螺旋模様が床屋の象徴となった、との事である。

さらには、やがて外科医と理髪店が分かれ、外科は赤色と白色、床屋には青色が加えた3色看板とする、となったのがサインポールの由来だそうな。


ランキング順位

赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表すという説は有名ですよね。
僕がいつも行く床屋は、青色と白色の2色です。
幼馴染のお店で、2000円です。

知識 | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
「三毛猫」
今日の雑学:三毛猫

「三毛猫」は、白・黒・茶の毛色をした猫であり、その性別はほとんどがメスだと言われている。
猫の性別も人間と同じ様にX染色体とY染色体で決定し、XYならオスで、XXならメスである。
ところが、1つの染色体に2つの毛色が乗ることはなく、黒と茶の毛色は、ともにX染色体に乗っていることから、必然的に三毛猫はメスになるとされる。
ちなみに、まれに三毛猫のオスも存在するようであるが、ほとんどが生殖能力を持っていないそうな。


ランキング順位

「三毛猫」という種類が存在しないのは、オスの三毛猫に生殖能力がないからだとか。
猫と犬って、飼われている数はどちらが多いのでしょうかね。



雑学のブログTOPへ
知識 | 23:27 | comments(5) | trackbacks(0) |
「カフェイン」
今日の雑学:カフェイン

眠気を覚ますためにコーヒーを飲む、というのはよく言われていることであるが、これは、カフェインがコーヒーに含まれているからとされる。
しかし、実はコーヒーに含まれるカフェインは思っているよりも少なく、種類などにもよるが、飲み物でカフェインが多く含まれているのは抹茶や玉露などのお茶との事である。尚、カフェインの主な効果は、利尿作用、解熱・鎮痛作用、覚醒作用などであり、ドーピング検査では陽性の反応が出るとの事。
ちなみに、カフェインは風邪薬をはじめいろいろな薬にも配合されている医薬品でもあり、中国語では「珈琲因」と書くそうな。

ランキング順位

カフェインには習慣性もあるそうで、コーヒーでもわずかに依存性があるとか。
その親分の覚せい剤とはエライ違いですけどね。



雑学のブログTOPへ
知識 | 21:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
「干支」
今日の雑学:干支

一般には十二支と同義とされている「干支(えと)」は、厳密には「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」を組み合わせたものを言う。
十干とは、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種、十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種であり、古代中国の陰陽五行説が起源とされる。
陰陽五行説とは、陰陽思想と五行思想が結びついて生まれた考え方であり、陰陽思想は、「陽」と「陰」という対立的な考え方で、陽を兄(え)、陰を弟(と)とし、五行思想とは、万物は「木・火・土・金・水」の五元素に属するとされる考え方である。
そこから、十干の最初『甲』は、五行思想の「木(音読みでキ)」と陰陽思想の「陽(え)」を合わせて、「甲(きのえ)」、次の『乙』は「木(キ)」と「陰(と)」を合わせて「乙(きのと)」、『丙』は「火(ヒ)」と「陽(え)」で「丙(ひのえ)」と言う。
ちなみに、日本では60才で「還暦」を迎えるが、これは、60年で干支が自分の生まれた年に「還る」のが由来であるそうな。

ランキング順位

還暦の60年というのは、十干(10)と十二支(12)の最小公倍数60ですね。
昔、何で「丁」を「ひのと」と読んだり、「己」を「つちのと」と読んだりするのかがわからずに悩んだ記憶があります。
そういえば、「甲子(きのえね)」の年に作ったから「甲子園球場」という名前にしたのでしたっけね。


雑学のブログTOPへ
知識 | 23:27 | comments(7) | trackbacks(1) |
「八百屋」
今日の雑学:八百屋

「八百屋」の語源は、野菜を「青物」と言うことにあるとされる。
その昔、野菜を売るお店を「青物屋」と呼んでいたが、それが転じて「青屋(あおや)」→「やおや」になったとの事である。
尚、「八百屋」という漢字については、扱う品目が多いことから、数が多いことを示す「八百(嘘八百など)」を当てたという説が有力である。
ちなみに、昔は魚屋や乾物屋などのお店も八百屋と呼んでいたそうな。

ランキング順位

「八百万(やおよろず)の神」と言ったりもしますよね。
神様の単位は「柱」と数え、八百万柱と言うようです。


雑学のブログ TOPへ
知識 | 23:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
「足元を見る」
今日の雑学:足元を見る

身なりなどから、商品の販売金額などをつり上げる行為を「足元を見る」と言うが、これはもともと江戸時代に使われ始めた言葉とされる。
当時、「旅籠屋」や「船頭」などが旅人の足元を見て、「足袋」や「草履」が汚れている人は、疲労の度合いも激しいと判断して、多少、値段が高くても利用するであろうとの事で、通常より高い値段につり上げていたのが由来だそうな。
知識 | 23:19 | comments(3) | trackbacks(0) |
「自由の女神」
今日の雑学:自由の女神

アメリカ合衆国独立100周年の記念にフランスから寄贈され、世界遺産でもある自由の女神像は、右手の松明、左手の独立宣言書と共に、足元の切れた鎖によって自由を象徴しているとされる。
この像は、ニューヨークにあるとされているが、実は厳密に言うと、ニュージャージー州にあるとの事である。
尚、フランスにある自由の女神像は、フランス革命100周年の記念にアメリカ人が寄贈したものであり、どちらも製作者は同じ人物との事。
ちなみに、自由の女神像は製作者の母親がモデルであるが、黒人か白人かで議論になったことがあり、その際には「緑人」という結論が出されたそうな。

ランキング順位

自由の女神は、英語で「the Statue of Liberty」なので、「女神」という言葉は使ってないですが、日本の新聞社が「自由の女神」と訳したのが由来だとか。
世界遺産でもあり、今はテロ対策でボディチェックが相当厳しいようですね。


雑学のブログTOPへ
知識 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |



ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CHECK IT

CATEGORIES
CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
Search this site.
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





人気ブログ検索 - ブログフリーク