雑学のブログ

雑学で話題提供。朝礼やデートのお供に。いつか役に立つブログです。
<< 「ワイシャツ」 | 雑学 | 「旦那」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「飛行機」
今日の雑学:飛行機

日航機123便墜落事故から20年。
この墜落事故の生存者は4人であるが、墜落直後はまだ多くの人が生存していたとされる。
事故当時、さまざまな理由によって墜落地点を正確に把握することが困難であったとされており、実際に救助活動が行われたのは日付が変わってからである。
ところが、実は事故発生約2時間後には、米軍の救難ヘリコプターが事故現場に到着しており、救助体制が整っていたにもかかわらず、日本はこれを断っている。
この救援を断った事も含めて、救助活動が遅れた理由というのは、123便には、ラジオアイソトープ劣化ウランなどの放射性物質を積んでいたからであるそうな。

ランキング順位

様々なメディアで123便の事故が取り上げられていますね。
トラブルが起きた同機の状況より、様々なパイロットがあそこまで持ちこたえたクルーの操縦技術は賞賛に値するという話をしていると聞き、なんだか少しだけ嬉しく思ったのは不謹慎でしょうか。
この飛行機に乗るはずであったが、急に変更して乗らなかった、明石やさんまさん、逸見正孝さんはやっぱり強運だったのでしょうね。


雑学のブログTOPへ
時事 | 23:53 | comments(18) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
- | 23:53 | - | - |

えーー。
知らなかったことばっかり!
そうなんですかぁ。。
あの時は小学生だったけど新聞やテレビずっと見てたのに、そんなことしらなかった!さんまさんすごいなぁ〜
| カウカウ | 2005/08/15 9:47 PM |
カウカウさんこんにちは。
確か、さんまさんは一本前の飛行機に乗って、逸見さんは、新幹線に変更したので乗らなかったという話だったと思います。
僕には虫が知らせてくれる気がしません・・・
| | 2005/08/17 6:29 PM |
トラックバックありがとうございます。
自分と似たような考えを持たれているようで、正直とても嬉しいです。
御巣鷹に感しては、様々な文献や史料があり、それらを読んだりしていると、只々切なくていたたまれません。
恐らく明日のドラマでも語られるとは思いますが、坂本九さんの身元は、たった数個の遺体の一部だったそうです。
この事故のことをもっと色んな人に知ってもらって、深く考えてほしいです。

長々と失礼しましたm(_ _)m
| 浅倉 | 2005/08/19 10:30 PM |
はじめまして、TBありがとうございました。
事故の時、私は21歳で仕事もしていたのに
詳しい事は何も知りませんでした。
お恥ずかしい限りです。

今年息子が航空整備士を目指して学校に進みましたので
あの事故の事をよく話しました。
ここへ来てまたいろいろ考えさせられました。
息子にも読ませたいと思います。
| ayaka | 2005/08/19 10:46 PM |
TBありがとうございます。

どんなに、用心していても、警戒していても、
起こってしまうのが事故。

だからと言って、手を抜いていいはずがないのに、
人災に近い事故だけは、勘弁して欲しいと思う今日この頃。

123便のコックピットにいた方々は、
本当に立派だったと思います。
| 組長 | 2005/08/19 11:07 PM |
トラバありがとうございます。

123便のパイロット達は、何系統もある油圧が、すべていっぺんになるという、旅客機の安全システムに裏切られながら、それでもあれだけの時間操縦し続けました。絶対に着陸できないその状況でも、どうにかして着陸しよう、1%以下の可能性をつかもうと必死になっていたのが、あのフライトレコーダーから伝わってきて、涙せずにいられません。

私も多くの方が疑問を投げかけているように、圧力隔壁の破壊が墜落の主原因ではないと思っている一人なので、今後もっともっと有力な情報が集まることを望んでいます。
| 若旦那 | 2005/08/19 11:32 PM |
実際は 日本の首相がアメリカの救出を断ったからだと言うのが 本当らしいですが・・・・。

アメリカは日本に 救出しようか打診したが日本に断られた!!

また 事故機のパイロットはなんだ悪くなく 生きようとして頑張った 結果的に長時間 乗客に恐怖を与えた

海に落ちていたら 誰も生きられなかった 民家に落ちていたらもっと大変な事に

日本は今もアメリカに弱い これが反対の立場だったら 尾翼の切れ端まで徹底的に調査して 原因をつかみ 修理業者の責任を取らせたで あろう!!

実際の現地での写真はすさまじく 人に見せられないと 写真を見た 自衛隊の息子が当時 私に話してくれました。

その自衛官は 結構えらい位置にいて 家出写真の編集をしていたらしいです。

栃木の人ですが・・・・・。
http://plaza.rakuten.co.jp/kittobox/
| キットBOX | 2005/08/20 5:48 AM |
TBありがとうございました。
あのとき、たまたま予定変更して乗らなかったとか
聞きましたが、さんまさんや逸見さんもでしたか。
本当に人生、不思議なものですね。
| jun | 2005/08/20 6:39 AM |
TBありがとうございます。

そうだったんですか!?
もっと生存者がいたのかも・・・・
怒りと共に残念でたまりません。

忘れずにいたいです。
| ゆうづき | 2005/08/20 5:35 PM |
TBありがとうございます。
先日、この事故で亡くなった子どもを取り上げたドラマを観ました。
初めての一人旅で失った命。親の苦悩が感じられるドラマでした。
ちなみに、その子どもが亡くなった年齢は9歳で、何と当時の自分と同い年。生きていれば今頃は働きざかりでバリバリやっていたんだな、と思うと何だか胸が締め付けられる思いでした。

今年も悲惨な事故が多く、特に航空関係は国内外問わずに小さな事故が多発しています。
この事故を風化させず、人の命を蔑ろにせずにして欲しいです。
| ricken | 2005/08/21 12:57 AM |
>浅倉さん
コメントありがとうございます。
似たような考えと言っていただき、私も嬉しい限りです。
この事故には、様々な情報操作が行われていたというのは事実だと思ってます。
機長の家族に矛先を向けていた遺族の方もブラックボックスの公表により、誤解が解けてお礼を言っていたそうですね。
国の都合や会社の都合は抜きにして、真実が公表されることを望みます。


>ayakaさん
コメントありがとうございます。
この事故は、被害の重大さから後に語られる事が多かったようですね。
航空関係者は、人の命を安全に運ぶという意識をみな持っているはずです。
だからこそ、そこに営利などの事情が入り込まないようにしてもらいたいですね。
息子さんが立派な航空整備士になりますよう、応援させていただきます。


>組長さん
コメントありがとうございます。
たいていの乗り物は運転する人に身をゆだねるしかないですが、その運転者も乗り物にトラブルがない事を前提にしていると思います。
責任がどこにあるかということもそうですが、同じことが起きない仕組み作りを行って欲しいものです。
あれだけのトラブルの中で、4名生存させることができたクルーの方々は本当に立派ですね。


>若旦那さん
コメントありがとうございます。
このトラブルにはクルーの方々も絶望を感じたのではないでしょうか。
それでも、わずかな可能性にかける姿勢は遺族の方々にも大きな影響を与えたのではないかと思います。
私も圧力隔壁の破壊を要因とするのには不自然さを感じております。
真実の公表を望みます。


>キットBOXさん
コメントありがとうございます。
秘匿しなければならない事と人命を天秤にかけ、どうせ誰も助からないだろうと思っていたとしか思えませんね。
どんな理由であれ、憤りを感
| くろ@雑学のブログ | 2005/08/22 11:41 AM |
TBありがとうございます。明石家さんまさんが偶然飛行機に乗らずにすんだというのは以前知りました。いつもは明るいさんまさんもさすがにその時は相当ショックだったとの事でした。昨日、日航機に乗ったのですが妙に緊張しました。
| smiyan | 2005/08/22 1:39 PM |
TBありがとうございます。

この日、幼かった私は家族旅行の帰り道で、ものすごい低空飛行で山の上をかすめて飛んでいく飛行機を車の中からみつけました。
家についてからニュースを見て、泣いてしまったことを憶えています。私にとっても、とてもショックな事件です。

ここに来て、いろいろまた考えさせられました。ありがとうございます。
| nikoni | 2005/08/22 10:43 PM |
>smiyanさん
コメントありがとうございます。
日航機の搭乗で緊張するのは致し方ないですよね。
いつ乗っても事故のない移動を願いたいです。


>nikoniさん
コメントありがとうございます。
事故直前の飛行を見ていたというのは、さぞかし衝撃を感じたことと思います。
そういう様子は、もう誰も見ないことを祈ります。
| くろ@雑学のブログ | 2005/08/24 12:44 AM |
トラバありがとうございます。

飛行機事故、怖いですよね。
その飛行機をたまたま変更した人、搭乗した人、ほんとうに人の人生は何が起こるかわからない。先に何があるのか・・・。

また、よかったら遊びに来てください。
| staotmoo | 2005/08/29 12:16 PM |
⇒junさん
コメントありがとうございます。
すみません、文字数オーバーで表示されてませんでした。
こういうのを強運と言うのでしょうが、複雑な気持ちですね。


⇒ゆうづきさん
コメントありがとうございます。
この事故を教訓にして、どんなトラブルでも人命優先というようになって欲しいものですね。


⇒rickenさん
コメントありがとうございます。
利益と安全が天秤にかけられることのないようにしてもらいたいですね。


⇒staotmooさん
こういうのを運命だけでは片付けたくないですね。
またお邪魔させていただきます。
| くろ@雑学のブログ | 2005/08/31 12:20 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/10/04 2:07 AM |
本当色々ある組織ですよね。なんとも言えませんよ。
| 空 | 2008/08/10 12:52 AM |









http://zatsugaku.jugem.jp/trackback/37
8月12日の思い出
(これは8月17日に書いてます) 過去に何度も書いているテーマ(?)です。 といっても、最初に書いたものを手直ししながら転載してるんですが(笑) あっちこっちブログとっかえひっかえしてたもんで…。 というわけで、記事は書かずに書籍の紹介だけトップで
| 幻想茶房〜お茶時間と自分時間を楽しむブログ〜 | 2005/08/19 11:59 PM |
飛行機墜落事故が続く
飛行機墜落事故もギリシャ、べネズエラとかなり多くの方が亡くなりなかなか過去の教訓が活かされないようです。
| Star Prince JUGEM | 2005/08/20 1:12 AM |
御巣鷹山への思い
日航機の大惨事からちょうど20年になります。各局でさまざまに取上げられました。フジテレビ金曜エンターテイメントは、事故で9歳の息子を失った美谷島邦子さんを中心に「8・12連絡会」結成となったいきさつを描いてました。
| あしあと | 2005/08/20 6:37 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/09/21 8:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/02 3:06 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/05 11:40 AM |



ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CHECK IT

CATEGORIES
CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
Search this site.
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





人気ブログ検索 - ブログフリーク