雑学のブログ

雑学で話題提供。朝礼やデートのお供に。いつか役に立つブログです。
<< 「差別」 | 雑学 | 「ペットボトル」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「戦争」
今日の雑学:戦争

1945年8月15日正午、いわゆる玉音放送がラジオより流れる。
これは、ポツダム宣言の受諾と降伏の決定を伝えたものであり、国民はこの放送により同日を敗戦の日として受け入れることとなる。
敗戦国日本は、極東国際軍事裁判で裁かれ、「平和に対する罪」に対して有罪判決を受けた25名がA級戦犯者と呼ばれている。
この「A級戦犯」や「BC級戦犯」というのは、罪の重さによるものと誤解をうけがちであるが、そうではなく、戦争犯罪の種類の違いであるとされる。
もともとは、ナチスドイツを裁くために作られた、国際軍事裁判条例第6条A項の「平和に対する罪」、B項の「通例の戦争犯罪」、C項の「人道に対する罪」という分類から、侵略戦争を起こして平和に対する罪を問われた国家指導者たちを「A級戦犯」、B項、C項に当てはまる罪に問われた者を「BC級戦犯」と呼ぶようになったとの事である。
ちなみに、実際にポツダム宣言の受諾すると通告したのは8月14日、軍への正式な停戦命令が下されたのは8月16日である。
そして、ポツダム宣言の受諾書に調印したのは9月2日であり、実際には、この日が正式に日本が連合国軍に降伏した日であるが、1982年の閣議により、8月15日が終戦記念日に決定したそうな。

ランキング順位


韓国や中国の人が、靖国神社参拝を非難していますが、もともとは小泉首相が遺族に配慮して行ったのではなかったでしたっけ。
そして非難の対象となっているA級戦犯者の中には、戦争に対する責任ではなくて、政治的な圧力で指定された人もいるらしいですね。
個人的には、内政干渉だし、参拝くらいって思うのですが・・・


雑学のブログTOPへ
時事 | 23:27 | comments(10) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
- | 23:27 | - | - |

日本では、死者は全て仏になり、罪人の死体に鞭を打ったりしませんが、中国では罪人は死してなお、鞭打つ対象になります。
文化や宗教観念の違いにより、解り合える日は遠いと思います。
| 天然日和。 | 2005/08/17 2:00 AM |
天然日和。さん こんにちは。
いつもハッとさせられるコメントありがとうございます。
死してなお鞭打つですか・・・
罪人だから致し方ないのでしょうかね。
文化や宗教観念の違い、そして国民性の違いがここまでくると、南京大虐殺も永遠に争われる問題なのでしょうね。
| くろ@雑学のブログ | 2005/08/17 6:07 PM |
こんばんは。
戦争というネタに関してはコブタはあまりに知識がないので、たいしたことはコメントできないのですが、
‘A級戦犯’という言葉は、その昔‘永久戦犯’だと思ってました。(はぁ、恥ずかしいぃ…)
つい昨日もテレビでA級とBC級の違いは分かりますか?っていうのをやってて、頭にはてな?マークを出してしまったので、↑この内容で少し賢くなった気がします☆
なので、9へぇ♪ですね!
| コブタ | 2005/08/23 1:11 AM |
こんにちは、そしてはじめまして。
TBありがとうございました。
一般の小市民にとっては政治的、国際的な終戦は、どん底からの再生以外の何ものでもなっかったんでしょうね。

 全てを失い、生きていくための道をそれぞれが善悪はともかく模索していたんですよね。そんな中を今の僕は生き抜いていけるんだろうか、な〜んてことも考えたりしちゃいますです。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 では。
| 塾の先生 | 2005/08/25 12:43 PM |
⇒コブタさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
そして9へぇうれしいです♪
実は僕も、「永久ライセンス」ほしいなぁ・・・って思ってました。


⇒塾の先生さん
コメントありがとうございます。
日本国民として、突然の敗戦の報による落胆、そしてどん底からの高度成長。
日本人ってみかけによらず(!?)たくましいのでしょうか。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
| くろ@雑学のブログ | 2005/08/25 4:06 PM |
TBありがとうございます。
靖国参拝をうんぬんされるのは確かに内政干渉ですね。
でも、靖国問題は、正しい・正しくないというレベルでは、永久に解決できないことなのかもしれません。
とくに、サンフランシスコ条約の極東軍事裁判受諾条項の効力を認めるかどうか、となると、どこまでいっても平行線なんだろうと思います。
首相や天皇が堂々と靖国参拝出来る日が、早くくればいいと僕も願ってはいますが、どうにも袋小路に入ってしまった感は否めません(笑)。
| きぐるまん | 2005/08/26 12:10 AM |
TBありがとうございます。戦争はいけないことなのは当たり前です。しかし国と国が戦うにはそれなりの理由があります。
 ただ人道的に戦争反対と言っていたら民族が滅びるかも。東アジアではこれから中国の台湾侵攻、朝鮮の日本侵攻ということが、起こりかねないと思います。現実をよく見ていくことが必要です。
| 牛仙人 | 2005/08/26 3:20 PM |
 トラックバック、有難うございました。
今後ともよろしくお願いします。
| kamuy_nupe | 2005/08/27 12:25 PM |
⇒きぐるまんさん
コメントありがとうございます。
そうですね、袋小路というのは言い得てるような気がします。
この際、ハーグに委ねたらという気もしちゃいますね。


⇒牛仙人さん
コメントありがとうございます。
極東有事というのは、これからも警戒しなければならないですね。

⇒kamuy_nupeさん
コメントありがとございます。
こちらこそよろしくお願いします。
| くろ@雑学のブログ | 2005/08/28 9:05 PM |
こんにちは。
そして、TBして頂いて、どうもありがとうございます。
うっかりしていて気付かなかったもので、お礼が遅れて申し訳ありません。

確かに、「A級戦犯等」の判断は難しいですよね。
とくに、テレビの「私は貝になりたい」というドラマ(昔の物の再放送です)を見て、戦犯判断のあり方に疑問を覚えるようになりました。
靖国神社のこともいろいろ取り沙汰されていますが…本当に難しく、また、日本人なら誰も無視してはいけない問題だと思っています。

なんだか生意気なことを書いてしまいましたが…(^^ゞ…これからもどうぞよろしくお願い致します。
| ikuko | 2005/09/02 2:18 PM |









http://zatsugaku.jugem.jp/trackback/40
colonization and invasion(植民地支配と侵略)@8/15小泉談話
Koizumi apologizes for war woundsMonday, August 15, 2005; Posted: 12:28 a.m. EDT (04:28 GMT) CNN.COM TOKYO, Japan (AP) -- Japanese Prime Minister Junichiro Koizumi has again apologized for his nation's wartime colonization and invasion of neighbor
| Here There and Everywhere | 2005/08/25 2:56 PM |
我が家でも全く同じ事が起きていました。
選挙前ということで、父(昭和10年生まれ)とその方面のことをいろいろ話したのですが、もう全然会話が噛み合わない。 ★★★ぼやきくっくり★★★ 【より一部抜粋させて貰いました】 オレの親父は昭和12年生まれ。一応戦中派ですがやはり議論がかみ合いません。
| 日本民主過ぎ人民共和国(仮) | 2005/08/25 11:03 PM |
日本は60年周期で生まれ変わる。明治維新、終戦、そしてIT革命。
日本と言う国は何十年周期で生まれ変わっている。僕はその周期は60年〜80年だと見ている。江戸時代は400年続いたし何もなかった。世界的にもそれで良かったのだろう。だが世界も変わりだがそのまま変化なしと言うのは許されなかった。 そこで出てきた吉田松陰
| 世代交代 オヤジが日本をダメにした! | 2005/08/26 1:10 AM |
マンハッタン計画?
 広島、長崎の原爆の威力をアメリカはまったく把握してはいませんでした。  実際に威力を把握できたのは、投下後の分析によるものでした。人類が手にした最悪の威力を持つ兵器の威力が、実地・実戦の使用でしか計測できなかったのです。裏返せば、開発はしたものの核
| 元自衛官の憂い | 2005/08/28 10:00 AM |
マンハッタン計画?
 広島、長崎の原爆の威力をアメリカはまったく把握してはいませんでした。  実際に威力を把握できたのは、投下後の分析によるものでした。人類が手にした最悪の威力を持つ兵器の威力が、実地・実戦の使用でしか計測できなかったのです。裏返せば、開発はしたものの核
| 元自衛官の憂い | 2005/08/28 10:01 AM |
真夏の記憶
毎年終戦記念日の前後、じりじり焼ける気温の高い朝、空が妙に青い日に決まって駆け抜ける妙な感触がある。 それは知るはずのない終戦の記憶。 戦争を知らない世代にとって、原爆の日や終戦のときのことは書物や映像、誰かの話などによって視覚と聴覚の想像で形成さ
| DAY-SAY | 2005/08/31 9:51 AM |



ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CHECK IT

CATEGORIES
CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
Search this site.
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





人気ブログ検索 - ブログフリーク